低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

各タイプ別業者の選定方法

⑴私家本タイプの業者

一般の出版社でも引き受けてくれますが、できれば印刷会社の方が、金額が安くなります。それは自社に印刷・製本の設備があるからです。

また自費出版の専門会社でも適正な金額で引き受けてくれます。

それぞれ各社、強みや特徴がありますので、原稿が書きあがり基本仕様(頁数、部数、写真や図版の点数など)が決まりましたら、数社で見積もりを取ることをお薦めします。

ただ一番安い金額を提示した会社が、良い会社とも限りません

いざ自費出版の制作作業が始まりますと、少なくとも3か月位は完成まで業者との付き合いが続きます。そこで相性の良い会社であるか、編集担当者は自分の希望や質問に細かく応えてくれそうか、こんな観点も業者選定の重要なポイントになります。

⑵書店流通タイプの業者

この場合は流通経路をもっている出版社になります。また大手の出版社の方が取次店に対して力があり、たくさんの配本が見込めます。

意外と見落としがちなのが、書店に本がついてからの扱いについてです。旅行の本なのに、小説の棚に置かれては意味がありません。やはりそのジャンルにそって陳列してほしいものです。ちゃんとジャンルの合う棚に並ぶ可能性があるのか確認する必要があります。出版社によって対応はまちまちです。

できればジャンルのあった棚での陳列を確約してくれる出版社がよいですが、これは書店さんの裁量が大きくものを言いますので、結構難しい問題なのです。

学研プラスという出版社が手掛けている自費出版は、必ず同じジャンルの棚に陳列することを強みにしています。

⑶共同出版タイプの業者

これは共同出版を募集している出版社探しから始まります。比較的大手の出版社の場合が多いです。

その他懸賞や文学賞などに募集する方法もお薦めです。その本が売れるかどうかを出版社がただで判定してくれるのですから、試してみる価値はあると思います。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ