低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

最低限知っておきたい校正のお話

自費出版の場合、一般的には校正は著者の責任分担になりますので、特に注意して校正作業をする必要があります。

その際、正式な校正記号の使い方を知らなくて、不安という申し出をされる方がいらっしゃいますが、これは特に心配いりません。要はそれを直す編集者なりDTPのオペレーターが見て十分理解できる表現であればよいのです。

基本的なこととしては次のものがあります。

 

①修正は赤鉛筆ないし赤ボールペンではっきり楷書で書く。

②頁の余白に書く(文字と重ならないこと)。

③追加などで文字量が多い場合は、別途の用紙に書き、できれば文字データを出版社にUSBメモリーなどで支給する。

④修正が小さいところは別途目立つように指示する。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ