低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

最低限知っておきたい文字フォント

文字フォントとは簡単に言えば文字の形のことです。これも用紙同様たくさんの種類があります。しかしながら使用する文字フォントはほとんど決まっているのが現状です。

本文に使う文字であれば明朝体というものが使われますが、その中でも「モリサワのリュウミン」というフォントが一般的です。これは確かに美しいフォントだと思います。ワードなどのワープロソフトの場合は「マイクロソフトのMS明朝」というのが使われていますが、やはり書籍に使う場合はほとんど「モリサワのリュウミン」です。

また見出しや表紙などに使われるフォントとしては「ゴチック」があります。これは少し肉太の形で、目立つようになっています。

フォントも用紙同様、著者が特に希望を出さなければ、業者が決める場合が多いですが、このフォントの使い方次第で、ずいぶん変わった表現ができる場合がありますので、凝った本を作りたい方はフォントの見本帳などを見ながら業者と事前に相談して下さい。フォントの種類はたくさんありますが、業者によっては使えない場合もありますのでよく確認する必要があります。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ