低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

完成日数の目処は

一般的には3か月前後が目安になります。

制作期間を決める大きな要因は「原稿の入稿状況」「内容のボリューム」です。つまり編集作業にどれだけ労力がかかるかで制作期間は大きく変わってきます。印刷・製本の期間は100部でも1000部でもさほど変わりません。

 

まずは「原稿の入稿状況」について見てみます。

一般的には文字はパソコンやワープロのテキストデータでの支給になりますが、手書き原稿の場合は、業者で入力作業が必要になりますので、その分量にもよりますが、1か月程度多く期間がかかります。

つぎに写真や図版の入稿ですが、一般的にはデータ化したものを業者に渡すことになりますが、写真はプリントのままだったり、図版も紙のままだったりすると業者でスキャニングの作業が発生します。これも制作日数が長くなる要因になります。

つまり手書き原稿やプリント入稿の場合は、制作期間も長くなりますし、その分費用も高くなりますので、注意したいところです。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ