低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

他人の著作物を引用したいが…

日本では一般的には著作権の保護期間は著作者がその著作を創作した時点から著作者の死後50年までです。しかし一定の要件を満たせば引用は可能です。

 

その要件とは、

①公表された著作物であること

②引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」がはっきりしていること

③引用部分が明確であること

④出所を明記すること

⑤引用を行う必然性があること

 

引用を厳しく規制することは「出版文化」にとってはマイナスの面も多くあります。引用要件をきちんと守り、著作者の権利を守りつつ、必然性がある場合は恐れず引用してください。

 

《参考》
著作権法(引用)
第三十二条、公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は公正な慣行に合致するものであり、かつ報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ