低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

出版社・印刷会社のメリット・デメリット

書店流通をして広く一般の方に読んでもらいたい方、また本が売れた印税で費用の一部を賄い方などは出版社を選択することになります。

一口に出版社といっても、中小から大手までたくさんあります。各々にメリットやデメリットがありますので、ご自分の希望を踏まえて選択することになります。「大手」の強みは書店流通の販路がしっかりしていることと宣伝力が強いことです。その分費用は比較的高い場合が多いです。「中小」の強みは対応が細やかなことと比較的費用も安く設定される場合が多いです。その反面、大手のような宣伝力や販路は弱い場合があります。

つまり費用を重視する場合は、「中小出版社」へ、なるべく多く売りたい方は「大手出版社」へという選択が一般的です。

 

一方、流通販売は考えていない方で、なるべく安価でよいものを作りたい方は印刷会社を選択することになります。印刷会社は印刷・製本機械があり編集のノウハウもありますので、比較的安価に出版することができます。

自費出版を受けてくれる印刷会社は、インターネットで探すことになります。「自費出版 費用 印刷会社」などで検索するとたくさん業者が出てきます。近くに適当な業者が見つかれば、是非連絡をとって相談に訪問してみてください。その会社の雰囲気がわかります。

また遠方の場合でも、ほとんどの業者がメールや電話、郵便などで対応してくれます。

自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ