低価格・高品質な自費出版の費用のご相談
安心の自費出版/東京都の個人出版印刷会社

自費出版コラム

自費出版の入口 ~どのタイプの出版を考えているか確認しよう

自費出版には大きく分けて三つのタイプがあります。

⑴身の周りの方だけに配る私家本タイプ。

⑵なるべく多くの読者に読んでもらいたい書店流通タイプ。

⑶費用の半分(折半)を出版社にもってもらう共同出版タイプ。

あなたはどのタイプをお考えですか?

それぞれのタイプにつきもう少し詳しく説明します。

⑴私家本タイプ

基本的に少部数(1冊~300冊程度)ですので、費用は一番安いです。そしてなによりいいのは、著作権など一般的な出版のルールは守らなければなりませんが、出版社の制約を受けませんので、自分の作りたいように作成できることです。

自分史、句集、詩集、趣味の写真集などが向いています。

費用は頁数や部数、写真や図版の点数で大きく変わってきます。

昨今の印刷・製本技術は素晴らしく、私家本とはいえ、書店で並んでいる単行本と遜色ない仕上がりになります。

⑵書店流通タイプ

制作部数は500部以上が必要です。皆様渾身の内容ですので1000部以上制作される方もいらっしゃいます。しかし、売れ残り在庫を抱えてしまうリスクもありますし、私家本とは異なり、販売を主目的として作る側面がありますので、出版社により内容に注文がつく場合があり、著者の考えていた通りの本にならない場合もあります。

また費用は私家本より流通費用として20~30万円ほど高くなります。

(売れた本の清算は一年後になります。)

⑶共同出版タイプ

出版社が半分費用を持ちますので、一般の書店流通タイプよりさらに出版社の影響が大きくなります。また出版社も営利企業ですから、売れると予想される企画以外にはお金を出しませんので、このタイプは比較的ハードルが高いです。

「共同出版」という名目で、一般の書店流通タイプと変わらない金額を要求される場合もありますので、契約はとくに注意が必要です。


自費出版の費用のご相談はみんなの自費出版までのTOPへ戻る

ページのトップへ